ヒロインというとまず私の頭に浮かぶのが、オードリー・ヘップバーン。

容姿が美しいのはもちろんですが、それだけでは、あの凛とした存在感の説明はつきません。

一体どんな女性だったのでしょうか?

私が特に魅かれた彼女の言葉を引用してみます。

私は自分の容貌に途方もないコンプレックスを抱いていました。
この醜い顔では、誰も私と結婚してくれないだろうと思っていました。

生まれつき愛情に飢え、また、愛情を注げる場を渇望していました。

by オードリー・ヘップバーン

img_521936_9905897_1

生きることは、博物館を駆け抜けるようなものです。
なぜならば、一度には吸収しきれないからです。
歳月が経ち、そこで見た物を思い出し、考え、本で調べ、本当に理解し始めるのです。

dsc05392

自分が機械であるかの様に、客観的に分析しなさい。
自分をごまかさずに、忠実に弱点を認めて、隠そうとしない。
そして、それに代わる物を作り上げる。

2179111721_8edbc8e510

私にとって最高の勝利は、ありのままで生きられるようになったこと、
自分と他人の欠点を受け入れられるようになったことです。

o0310040211796558819

確かに私の顔はシワも増えました。
ただ、それは私が多くの愛を知った、ということなのです。
だから、私は今の顔のほうが好きです。

まさに、ヒロインスタイリングの教科書。
経験からにじみ出たシンプルな言葉が心に強く響いてきます。

あの凛とした空気感は、どこまでも自分にまっすぐに向き合ってきた人だからこそ、まとえるものなんですね。

広告